レクタブル®の使用方法

必要に応じて、
ワセリンなどの潤滑剤を塗る

挿入しやすいように、アプリケーターに潤滑剤を塗ります。

容器を持ち、真下に向ける

ポンプドームに人差し指または、人差し指と中指の2本を置き、アルミ製容器を真下に向けます。

片足をイスや洋式トイレにのせ、
上半身を少し前に倒す

アプリケーターを挿入しやすく、ポンプドームを押しやすい体勢をとります。

肛門にアプリケーターを挿入

アルミ製容器を逆さまにしたまま、肛門にアプリケーターをストッパー付近まで挿入します。ただし、挿入によって痛みが生じる場合には、無理のないところまで挿入してください。

ポンプドームを
押したまま約2秒待つ

ポンプドームを完全に1回押し、そのまま約2秒間押したままにします(この状態ではお薬は出ません)。1回の使用で2回以上押さないでください。

押している指の力をすっと緩め、
約15秒待つ

アプリケーターを肛門に挿入したまま、ポンプドームが元の位置に戻るまで押している指の力をすっと緩め、約15秒間待ちます
(この間にお薬が注入されます)。

アプリケーターを引き抜く

アプリケーターを肛門からゆっくり引き抜きます。お薬が肛門からもれた場合は、速やかにふきとってください。

ポンプドームに負担をかけないように
押してください

ポンプドームは、

  1. 過度にゆっくり押したり、急に指を離すような操作はしないでください。
  2. 薬剤投与時以外はポンプドームの操作は行わないようにしてください。

※これらの操作により、ポンプドームが硬くなったり、ポンプドームが外れるなどのアルミ製容器の不具合が生じる可能性があります。

◇ 薬剤(泡)が肛門内に入った感覚は個人差やその時の体調に左右されます。使用後のアプリケーター内の泡の有無で、投与できたかどうか確認できます。